広報部より


柏崎のイベント歳時記

柏崎で行われている四季折々のイベントをご紹介します。

2 月 
柏崎の冬を彩る雪まつりです。
キャラクターショーやよさこい演舞など、盛りだくさんなイベントをご用意して
います。また、来場者が参加できる巨大餅つきも行われ、力を合わせで
つきあげた餅は格別な味です。子供からお年寄りまで楽しめるイベント
”YOU・悠・遊”じょんのびの里で、いっぱい食べて遊んで冬の楽しいひと時を
お過ごしください。 
 開催期間 2018年2月24日(土曜日)〜2018年2月25日(日曜日)

3 月 
越後の山々がまだ深い雪に覆われている3月。
日本海を見下ろす小高い丘には、一足早く春を告げる花「雪割草」が咲き誇ります。
遊歩道が整備された里内には、約30万株の雪割草が群生しています。
一番の見ごろに行われる雪割草祭りでは、雪割草や地元特産品の販売、あおさ汁の
無料サービス、雪割草技術講習会などが行われます。
 開催期間 2018年3月24日(土曜日)〜2018年3月25日(日曜日)

4 月 
ひな人形の代わりに、女の子の健やかな成長を願い作られた「つるし雛」。
柏崎市内の飯塚邸で、地元で作ったつるし雛を展示します。
毎年人気のイベントです。
会場の「飯塚邸」は、昭和天皇の行在所(あんざいしょ)として使われた風情ある
日本家屋です。
昭和天皇からお名前を付けていただいたお庭「秋幸苑(しゅうこうえん)」と一緒に
お楽しみください。
 開催期間 2018年4月1日(日曜日)〜2018年5月6日(日曜日)

 
春の季節が到来すると、柏崎赤坂山の夜は、提灯やボンボリによって幻想的な
雰囲気に包まれます。
ちょうちんとぼんぼりのやわらかな灯りに照らし出される夜桜は、ムード満点!
【赤坂山公園】
柏崎市街地南西部の丘陵地にある公園で、春には約350本ほどのソメイヨシノを
はじめ、八重桜やしだれ桜などが咲き誇る柏崎を代表する桜の名所。
13.7ヘクタールもの敷地には散策路、遊具などがあり、子供や家族連れで賑わう
人気スポットです。
 開催期間 2018年4月7日(土曜日)〜2018年4月22日(日曜日)

5 月 
柏崎潮風マラソンは、「市民ランナー主役」の大会です。ランナー同士、
また地元ボランティアとの親交を深めていただき、柏崎の風・海・山、
そして温もりに触れていただくイベントです。
 開催期間 2018年5月20日(日曜日)


海の柏崎の観光シーズン到来を告げるイベントです!
各スポーツイベントの他、ステージではコンサートも開催されます。
また、バザールやフリーマーケットも立ち並び、楽しい催しが満載です。
 開催期間 2018年5月26日(土曜日)〜2018年5月27日(日曜日)

6 月 
総延長約2km、約500軒もの露店が並ぶ大露店市!
200年以上の歴史を持つ「えんま市」は、総延長約2kmの通りに約500軒もの露店が
立ち並ぶ大露店市です。村上市の村上大祭、新潟市の蒲原まつりとともに、
新潟三大高市(たかまち)の一つにあげられます。
毎年20万人を超す見物客でにぎわい、通りのあちらこちらで笑顔がこぼれます。
 開催期間 2018年6月14日(木曜日)〜2018年6月16日(土曜日)

7 月 
柏崎の夏を代表する一大イベント。
24日に行われる「民謡街頭流し」は、踊り手が見物客も巻き込みながら夏の夜の町を
埋め尽くします。
また、25日に行われる「たる仁和賀」は、各団体が精魂込めて作り上げた山車や
御輿で勇ましい掛け声とともにもみ合い、夏の夜をさらにヒートアップさせます。
そしてクライマックスは26日の「海の大花火大会」。川花火の長岡、山花火の片貝に
ならぶ越後三大花火のひとつにあげられ、見るものを魅了します。
怒涛の尺玉300連発、海面に広がる海中空大スターマイン・ワイドスターマイン、
そして尺玉100発一斉打ち、三尺玉二発同時打ちなど豪華絢爛に夜空を彩ります。
沈む夕日に感動、上がる花火に感動です!
 開催期間 2018年7月24日(日曜日)〜2018年7月26日(火曜日)

10 月 
歩いた人から、きつねの気分!闇夜に浮かぶ狐の面が幻想的なお祭りです。
柏崎市高柳町栃ヶ原地区に伝わる「藤五郎きつね」という民話をモチーフに、
平成元年から始まったお祭りです。
栃ヶ原神社前で畳一畳の大油揚げを揚げ、提灯をかざして約3kmの山道を麓の
漆島地区まで行列し、踊り騒ぐという大きな流れは変えず、毎年様々なアレンジを
加えています。
この祭りは、主催する側と参加する方が力を合わせてはじめて成り立ち、
キャッチフレーズである”歩いた人からきつねの気分”のとおり、歩いた人が楽しめる
お祭りとするために、山道でのライトの使用や写真のストロボ撮影は、
ご遠慮いただいております。
 開催期間 2018年10月
 
大正15年に造られた情緒たっぷりの日本庭園は、つつじやもみじをはじめ
多数の樹木に覆われ、その間には灯篭、石碑、太鼓橋、池などを配しています。
紅葉の見頃には庭園入口から園内へ続くもみじのトンネルや中庭などを
ライトアップします。
昼間とは一味違った幻想的な雰囲気を味わうことができます。
また、園内には「木村茶道美術館」(有料)があり、実際に展示している貴重な
器で、作法にこだわらず、気楽にお茶を楽しむことが出来ます。野外茶席もあり、
紅葉を眺めながら、心和むひと時をゆっくりとお過ごしいただけます。
 開催期間 2018年10月下旬〜11月下旬

Copyright(C) 新潟スーパー産業(株) ホームページ All Rights Reserved.